【ローザンベリー多和田】の楽しみ方そして料金の目安をご紹介します。

2021年5月14日

「ローザンベリー多和田」は、滋賀県米原市にある自然中にあるテーマパークです。

また、園内には世界でここだけの「ひつじのショーン」のリアルワールドがあります。

イングリッシュガーデンから始まった「ローザンベリー多和田」も、「ひつじのショーン」のエリアや園内を走るSL列車「ミルキーウェイ」。そしてレストランや体験工房等、沢山の楽しみがあるテーマパークになっていると思います。

そんな「ローザンベリー多和田」にこれから行く方の参考になるように、楽しみ方をまとめましたので、ご紹介します。

ローザンベリー多和田のご案内

〇滋賀県米原市にある“自然の癒し”を感じられる観光公園です。

車で米原ICを下りて、10分くらいの場所にあり、駐車場も広いので、車の方が行きやすいです。

〇営業時間は、10:00~17:00です。夏季は1時間延長、冬季は1時間短縮になるようです。

〇入園料は、大人(中学生以上)1,300円。小人(4歳以上)700円。3歳以下無料です。

〇レストランやショップもありますし、JCBとVISAのクレジットカードも使えますので、電子マネー派の方も安心です。

〇ペット同伴の入園やお弁当の持ち込みは、禁止されています。

ひつじのショーン、ファームガーデンのご案内

「ひつじのショーン」のリアルワールドです。

再現度は、とても高くて、アニメに出ていたシーンを沢山見る事が出来ます。

入口入ったら、「ショーン」がお出迎えしてくれて、そこから「ひつじのショーン」の世界が始まります。

ひつじのショーンがお出迎え

写真を撮影したり、タワー&ステージで遊んだり、みんなが楽しめると思います。

〇牧場主の家

牧場主の家を体験出来ます。こちらはエアコンが効いていますので、快適です。

〇ひつじたちの小屋

ショーンの仲間たちが夜に眠る小屋です。

ひつじたちの小屋

〇FARMAGEDDON タワー&ステージ

ひつじ達が作ったテーマパークで、キャラクター達と一緒に遊ぶ事が出来ます。

〇ローザンハウス

エアコンの効いた室内で、ミニシアターを上映していました。

ひつじのショーン、ファームガーデンの一番高台にあり、ファームガーデンを一望出来る場所です。

〇ヒルサイドカフェ

軽食やショーンのキャラクターを模したアイスやケーキが食べられます。

座席数が少なかったので、混む時間をさけるようにした方が、良いと思います。

他の施設のご案内

〇ローザン鉄道、ミルキーウェイ(有料)

敷地の中間地点くらいから、フェアリーガーデンまで乗車する事が出来ます。

片道大人1名で、500円、往復すると1,000円です。

動画をアップしていますので、どんな景色か楽しんでいただけたら幸いです。

ミルキーウェイ

〇妖精と暮らす村、フェアリーガーデン

丘の上に妖精たちの村があり、レストランやバー等、小さな家々をのぞいて楽しむ事が出来ます。

可愛い家が沢山あって、子供達も喜んでいました。

〇その他の施設

「バラと宿根草の庭」は、自然に花々と川の流れを楽しめるイングリッシュガーデンでした。

「クラフト体験工房」で世界に1つのクラフト作品を作ったり、バーベキューやパンピザの体験工房で食事も出来ます。レストランやショップも沢山あります。

ローザンベリー多和田の楽しみ方

ローザンベリー多和田の楽しみ方を、料金目安を踏まえて整理してみました。

まずは、入園料は、大人(中学生以上)1,300円。小人(4歳以上)700円。3歳以下無料です。

お楽しみ①

「ひつじのショーン」のエリアを楽しむ。ひつじのショーンまでは、「ミルキーウェイ」に乗車する。

<楽しみ方>

「ひつじのショーン、ファームガーデン」は、園内の一番奥にある施設です。結構距離がありますので、家族連れであれば、途中から「ミルキーウェイ」に乗車して移動する事をおすすめします。

「ミルキーウェイ」を下車してすぐに、妖精が暮らす村「フェアリーガーデン」と本物のひつじが放牧されている「ひつじのふれあい牧場」がありますので、「ミルキーウェイ」、「フェアリーガーデン」、「ひつじのふれあい牧場」、「ひつじのショーン、ファームガーデン」が楽しめるプランです。

<料金目安>

「ミルキーウェイ」が有料の施設になります。大人1名片道で、500円かかります。往復すると1,000円になります。子供は300円で往復600円です。

他にも、軽食が楽しめる「ヒルサイドカフェ Tearoom」がありますので、疲れたので一休みして、1名500円(飲み物)から1500円(飲み物と軽食)くらいかかります。

〇ミルキーウェイに乗車して、ひつじのショーンを楽しむと1名1000円から2500円くらいです。

お楽しみ②

昼食を園内のレストランで楽しむ

<楽しみ方>

園内のレストランで外ご飯効果も期待すると、やっぱりみんなで「バーベキュー」を食べたくなると思います。

バーベキュー以外にもビュッフェのお店がありますので、みんなでビュッフェを食べながら、楽しむのも良いと思います。

<料金目安>

バーベキューは、スタンダードプランでお肉160gとウインナー2本なので、大人1名分くらいと考えて、2300円になります。せっかくなので、国産のお肉を食べたいとすると300円くらいになります。飲み物を頼むと1名で3000円から5000円くらいになります。

ビュッフェは「大地のレストラン」というレストランで、大人2400円、小学生1500円、幼児1000円」になります。こちらは飲み物込みになります。

〇園内で食事を楽しむと1名3000円から5000円くらいです。

お楽しみ③

体験工房でパン作り等を経験する。

<楽しみ方>

クラフトを作ったり、パンピザを焼いたりする体験が出来ます。体験工房では、ひつじのショーンのキャラクターのバッジやストラップ、そしてパンが作れますので、ひつじのショーン好きの方には、本当にうれしい体験が出来ると思います。

他のも野菜畑やブドウ狩り等、体験出来る季節があります。

<料金目安>

クラフト体験工房は、1名1000円以内で体験出来ます。パンピザは、1500円以内で作れます。

〇体験工房は、1名1000円から1500円くらいです。

お楽しみ④

イングリッシュガーデンを散策する。

<楽しみ方>

入口入ってすぐのところに「バラと宿根草の庭」があります。7つのエリアに分かれた広大なエリアを散策すると、花、草、水辺の自然に癒されると思います。

<料金目安>

入園料だけです。

お楽しみ⑤

ショップで、オリジナル商品等の土産物を購入する。ショップは、入場料がかからないエリアにあります。

<楽しみ方>

ガーデンショップ、ワインショップ「NZワインショップ」、オリジナル商品「ショップはぜの木」があり、四季折々の植物やニュージーランド産のブドウで作ったワインが購入出来ます。

<料金目安>

入園料もかかりませんので、無料で楽しめます。

楽しみ方の整理

美味しい食事、癒されるイングリッシュガーデン、ひつじのショーン等の子供が喜ぶエリア等、楽しめる場所が沢山ありますので、1日中楽しめると思います。

その場合、昼食込みで1名5000円以上はかかると思いますし、フルで楽しむと10000円くらいかかるかも知れませんので、予算はしっかりと考えていただけたらと思います。

食事は外で食べて、飲み物も準備して、半日くらいのスケジュールで楽しむと1000円から2000円くらいでも楽しめると思います。

詳細は情報は、以下のホームページを確認して下さい。

まとめ

家族5人で行った時の料金を、参考にご紹介します。。

・入園料で、6,500円。

・ミルキーウェイ鉄道、片道1人500円で2,500円

・1人500円のドリンクバーに入って、2,500円。

・ミルキーウェイを往路も乗車すると2,500円、バーベキュー等を食べるとさらに出費していたかも知れませんが、外で昼食を食べて、午後から半日だけでしたので、このくらいの出費でした。

ご家族でいかれる方は、半日を目安に食事は外ですませるようにして、飲み物などを十分に準備して、出来るだけ園内は歩くようにするとお金は抑えられると思います。(余計なお世話ですが)でも、半日でも園内は十分に散策出来ると思います。

大人の方であれば、イングリッシュガーデンだけでも、十分に楽しめると思います。

ひつじのショーンのエリアやイングリッシュガーデンなど、十分に楽しめましたが、まだまだ、工事している場所などがありましたので、これからもっと沢山の施設が出来る事を期待したいと思います。